iPhoneが壊れてしまったら

iPhoneの調子が悪くなったらすぐに修理手続きを

電源が入らなくなってしまったり、ボタンを押しても作動しない場合は修理が必要になる場合があります。
接触不良などでケーブル等の接続が上手く行かない時には、清潔な綿棒などで拭き取ると改善することもありますが、頻繁に調子が悪くなる場合は内部で問題が生じている可能性もあるでしょう。
一刻も早く手続きをした方が望ましいです。
水没させて動かなくなった場合や落下させて液晶画面が割れてしまった場合も、破損が最小限になるように早くしましょう。
携帯キャリア会社やiPhoneのメーカー保障に加入している場合は、携帯電話会社の店頭に持ち込みをして修理依頼や交換などのサービスを受けられます。
最寄りにない場合は、メーカーに連絡の上で所定の場所へ配送修理を依頼できます。

iPhoneを修理に出す前の準備

手続きをした後に持ち込みや宅配会社に集荷を依頼しますが、その前に忘れずにやっておきたい準備があるので忘れないようにしてください。
iPhoneの電源が入らない場合や動作が難しい場合は構いませんが、可能な限り保存して控えを取っておくようにしましょう。
修理をした時に記録やデータなどが消去されてしまう可能性もあるため、必要なデータはパソコンやSDカード等に保存するのがおすすめです。
iPhoneのパスワードも確認しましょう。
データを初期化してiPhoneを探すという項目をOffにしなくては修理ができないので、いったんパスワードを消去しなくてはいけません。
店頭持ち込みの場合は、携帯電話会社のスタッフが気を配ってくれますが、配送で依頼する場合にはもう少し気をつけたいことがあります。
iPhoneに内蔵されているSIMカードや機種に付ける付属品についてです。
これらは、付けたまま配送するとメーカー修理が終わっても返却される可能性は低いです。
到着前で配送会社に保管されている場合はいったん返送されて戻せる可能性が高いですが、絶対に外してから送るようにしてください。
アクセサリーなどの付属品は取っておきましょう。
SIMカードの外し方は、格安SIMを使っている方は自分でSIMカードを格納した経験があるので分かりやすいでしょう。
機種の小さな穴が開いている箇所を探して、付属のピンを押し入れてトレイを開いて出します。
ピンをなくした場合は、事務用のゼムクリップを伸ばして代用することも可能です。

期間をかけずにiPhoneの修理をしたい場合

店頭やメーカーに持ち込むと修理期間がかかることがあります。
また保証に未加入の場合はかなり費用がかかることが予想されます。
iPhoneの修理は最寄りの携帯電話の修理を扱う店舗でも依頼できる場合があります。
データの復旧や復元の場合は、1週間程度かかることがあります。
しかし、それ以外の物理的な修理であれば部品の交換で済み、修理代金も数千円程度で済むので、費用を軽減できるでしょう。
バックアップの必要もない場合があるので、出張や旅行等の出先でも気軽に利用できるでしょう。
旅行などの出かける日程が迫っている時でも早く修理できる可能性があります。
iPhoneの故障で最も多い液晶画面の破損は数十分から1時間程度で直ることがありますし、水没などで不具合を起こしている場合も数時間程度で戻せる修理店も多いです。
電源やボタンの補修やカメラの修理も1時間程度で修理可能な場合があるので、とても便利です。
修理店では純正品や互換品などのパーツが多く揃っているために、技術者がすぐに部品を交換するだけで直すことができます。
特にiPhoneは日本国内のシェアを占めているので、市場に出回ることが多くパーツが豊富に用意されています。
技術に自信を持っている店舗では、独自の修理保証をサービスしていることもあり、保証期間内に再度同じ所が壊れた場合は無償にて直してもらえる場合があるので、事前に確認をすることを勧めます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA