iPhoneを正規の修理店にもっていくとき、どうすればいい?

iPhoneの修理はAppStoreへ

皆さんはもしiPhoneが故障してしまったらどこに持っていきますか。
まず思いつくのは身近なスマホ修理を請け負ってくれるお店でしょう。
もちろんそうしたお店にも利点はあるのですが、一般のお店ですと技術的な限界や保障を行ってくれるかどうかなどの懸念があります。
しっかりと修理をしてもらって、もし失敗しても保障を行ってくれるお店がいい、というのであればアップルが正規の認可を下しているお店にいったほうがいいです。
特に街中にあるAppStoreなどであればアップルが直々に修理してくれるので安心してiPhoneを預けることができます。
とはいえ、正規の代理店というとあらかじめやることが多いのではないか、と思う方も多いでしょう。
実際にお願いする分にはそこまで難しくありません。
ここで簡単な流れを説明いたします。

持ち込む前にバックアップを忘れずに

iPhoneのみならずスマホを修理する時にも当てはまることなのですが、データのバックアップをあらかじめ行っておくことは欠かせません。
修理内容によっては一度スマホを初期化して対応しなければいけないこともありうるので、店側にもっていく際にバックアップをしていますか、と大抵訊かれます。
ここでバックアップと聞くとめんどくさい作業をしなければいけないのでは、と思うかもしれません。
他のスマホならそうかもしれませんが、iPhoneはその点ユーザーが簡単にバックアップを行えるよう配慮しています。
iPhoneにはiCloudという専用のクラウドサービスがあるのですが、それを利用さえすればあっという間にバックアップは済むのです。
iPhoneのメイン画面から「設定」をタップし、ユーザー名を選んだらその後「iCloud」をタップしましょう。
ここで「iCloudバックアップ」がオンになっていれば、実は自動的にバックアップは行われているのです。
普段何気なく使っているのにいつの間にかバックアップが行われているというのは優れものですが、電池の消費を抑えるためにここがオフになっている人も多いでしょう。
そういう時は下の方に「今すぐバックアップを作成」という項目がありますのでそこをタップします。
ここでバックアップは完了となります。

購入証明書がなかった場合は……

あとは実際にお店に向かってiPhoneを差し出し修理をお願いするのですが、ここで何枚か書類が必要となります。
身分証明ができる運転免許証などが提出すべき書類なのですが、特に購入証明書は欠かせません。
これがなければ不正な手段で手に入れたiPhoneだとして修理を受け付けてもらえない場合があるのですが、中には購入証明書なんて保管していない、という人もいるでしょう。
でも大抵の人はiPhoneを買う際携帯ショップや電気店などで購入しているはずです。
ですのでそのお店に問い合わせて改めて購入証明書を発行できるように問い合わせしましょう。
ネットで注文した場合にも購入の際にメールなどが届きますのでそれをコピーした上で提出すれば問題ありません。

時間がかからないように予約することも大事

正規店を利用する際に注意したいのは他の客の対応に時間がかかるあまり、すぐに修理の受付をしてもらえないことがあるという点です。
時には修理の予約が殺到していて今日は受けられない、という対応に出くわすことも少なくありません。
そういうことを防ぐために電話で予約するのがオススメです。
そうすれば店側は優先的に対応してくれるのでスムーズに修理依頼もできますし、予約なしで店に赴くよりは時間をかけずにiPhoneを受け取ることができる可能性もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA