未分類

iPhoneが壊れてしまったら

iPhoneの調子が悪くなったらすぐに修理手続きを

電源が入らなくなってしまったり、ボタンを押しても作動しない場合は修理が必要になる場合があります。
接触不良などでケーブル等の接続が上手く行かない時には、清潔な綿棒などで拭き取ると改善することもありますが、頻繁に調子が悪くなる場合は内部で問題が生じている可能性もあるでしょう。
一刻も早く手続きをした方が望ましいです。
水没させて動かなくなった場合や落下させて液晶画面が割れてしまった場合も、破損が最小限になるように早くしましょう。
携帯キャリア会社やiPhoneのメーカー保障に加入している場合は、携帯電話会社の店頭に持ち込みをして修理依頼や交換などのサービスを受けられます。
最寄りにない場合は、メーカーに連絡の上で所定の場所へ配送修理を依頼できます。

iPhoneを修理に出す前の準備

手続きをした後に持ち込みや宅配会社に集荷を依頼しますが、その前に忘れずにやっておきたい準備があるので忘れないようにしてください。
iPhoneの電源が入らない場合や動作が難しい場合は構いませんが、可能な限り保存して控えを取っておくようにしましょう。
修理をした時に記録やデータなどが消去されてしまう可能性もあるため、必要なデータはパソコンやSDカード等に保存するのがおすすめです。
iPhoneのパスワードも確認しましょう。
データを初期化してiPhoneを探すという項目をOffにしなくては修理ができないので、いったんパスワードを消去しなくてはいけません。
店頭持ち込みの場合は、携帯電話会社のスタッフが気を配ってくれますが、配送で依頼する場合にはもう少し気をつけたいことがあります。
iPhoneに内蔵されているSIMカードや機種に付ける付属品についてです。
これらは、付けたまま配送するとメーカー修理が終わっても返却される可能性は低いです。
到着前で配送会社に保管されている場合はいったん返送されて戻せる可能性が高いですが、絶対に外してから送るようにしてください。
アクセサリーなどの付属品は取っておきましょう。
SIMカードの外し方は、格安SIMを使っている方は自分でSIMカードを格納した経験があるので分かりやすいでしょう。
機種の小さな穴が開いている箇所を探して、付属のピンを押し入れてトレイを開いて出します。
ピンをなくした場合は、事務用のゼムクリップを伸ばして代用することも可能です。

期間をかけずにiPhoneの修理をしたい場合

店頭やメーカーに持ち込むと修理期間がかかることがあります。
また保証に未加入の場合はかなり費用がかかることが予想されます。
iPhoneの修理は最寄りの携帯電話の修理を扱う店舗でも依頼できる場合があります。
データの復旧や復元の場合は、1週間程度かかることがあります。
しかし、それ以外の物理的な修理であれば部品の交換で済み、修理代金も数千円程度で済むので、費用を軽減できるでしょう。
バックアップの必要もない場合があるので、出張や旅行等の出先でも気軽に利用できるでしょう。
旅行などの出かける日程が迫っている時でも早く修理できる可能性があります。
iPhoneの故障で最も多い液晶画面の破損は数十分から1時間程度で直ることがありますし、水没などで不具合を起こしている場合も数時間程度で戻せる修理店も多いです。
電源やボタンの補修やカメラの修理も1時間程度で修理可能な場合があるので、とても便利です。
修理店では純正品や互換品などのパーツが多く揃っているために、技術者がすぐに部品を交換するだけで直すことができます。
特にiPhoneは日本国内のシェアを占めているので、市場に出回ることが多くパーツが豊富に用意されています。
技術に自信を持っている店舗では、独自の修理保証をサービスしていることもあり、保証期間内に再度同じ所が壊れた場合は無償にて直してもらえる場合があるので、事前に確認をすることを勧めます。

iPhoneの修理は実績のある登録修理業者が安心です

iPhoneに多い修理の内容とは

アクティブな暮らしにもはや欠かせない存在となっているiPhoneですが、毎日頻繁に使うアイテムだけに、ダメージを受けたり故障してしまったりすることもあります。
もっとも多く耳にするトラブルは、パネルのひび割れではないでしょうか。
ひびが入ったパネル液晶を使い続けていると、湿気やカビなどが発生して中に入っている基板など、iPhoneの心臓部ともいえる部品まで故障してしまうリスクがあります。
そうなると修理では対応できなくなる恐れもありますので、パネルガラスがひび割れた時はなるべく早めに交換するようにしましょう。
ひび割れと並んで多いのが、iPhoneを水没させるトラブルです。
材質や形状によっては滑りやすいものもあり、うっかり水の中に落としてしまったという経験がある方も意外と多いでしょう。
水没した時は、すぐに電源を切って修理に出すことをおすすめします。
一度電源を切ったら再びオンにすることは余計な故障の原因に繋がりますので絶対にやめましょう。
また、故障というわけではありませんが、バッテリーの充電エラーもよくあることです。
これは、ほとんどの場合がバッテリーか充電コネクタの寿命によるものですので、交換することで解決できます。

信頼できる修理店を選ぶ

iPhoneが故障したときは、端末メーカーやその委託先の修理業者、あるいは町のサービスショップに修理を依頼することになりますが、メーカーでの修理には時間がかかることが多く、気軽に持ち込める修理店が人気となっています。
数多くある修理店の中から信頼のおけるショップを選ぶことが大切ですが、目安になるのが、登録修理業者制度に則った修理店であるかということです。
iPhoneをはじめとする携帯電話端末は技術基準が電波法で規定されており、修理後もその規定に適合することが義務付けられています。
そのため、適正な修理がおこなわれることを目的に、総務大臣の登録を受ける登録修理業者制度が導入されました。
この制度に登録した業者だけが、パネル割れの修理やバッテリーの交換、外装交換など、技術適合基準の変更を伴わない修理を行えます。
違法業者の不適切な修理による端末のトラブルも多く発生しています。
大切なiPhoneを長く愛用するためにも、修理の依頼は登録修理業者を選ぶと安心でしょう。

データの復旧にも対応

iPhoneに入っている大切な写真やメールの履歴、音楽データを誤って消去したときも、修理サービスが役に立ちます。
データの復元は、携帯会社やメーカーなどでも対応していないことがほとんどです。
その点、町のサービスショップでは、iPhoneの失われたデータの復旧に対応可能なお店が増えています。
たとえ水没によって中の基板が破損している場合でも、データを抽出し復元できることもありますので、お困りの方は一度相談してみると良いでしょう。
また、HDDを入れ替えることでデータの増量にも対応しています。
お気に入りのiPhoneに、音楽データや動画データを容量を気にしないでもっとたくさん保存したいという方にぴったりのサービスです。
単に壊れたiPhoneを修理するだけでなく、有益な情報やサービスが揃ったお店を見つけておくと、スマホ生活がより快適なものになるでしょう。
最近では、わざわざショップに足を運ばなくても、郵送で修理を受け付けるサービスも始まっています。
これなら近くに修理店がない場合や、忙しくて持ち込みができないという人にも気軽に利用できます。
iPhoneの修理は、取り扱い実績が多く柔軟でスピーディなサービスに定評があるショップを選ぶと間違いないでしょう。

iPhone修理、格安でも注意が必要!

スマホといったらやっぱりiPhone!

今やスマホは誰でも一台持っていておかしくない時代となりました。
スマホの機種は様々ありますが、その中でも抜群の人気を誇っているのがアップル社によって発売されているiPhoneです。
アップルが合わせて提供しているiOSの使いやすさにほれ込んで長年iPhoneを使っているユーザーは多いでしょう。
一方で、iPhoneは他のスマホに比べたら高額で販売されています。
機能性が高いので仕方がないとも言えますが、たとえばある機能が使えなくなったとして、すぐに買い替えられるかというとためらってしまうでしょう。
場合によっては修理費のほうが機種変費用よりも安くなった、ということもあります。
長くiPhoneを使うためには修理業者を上手く選ぶことも大切なことです。

一見修理費は安いけれど……?

スマホの修理業者は数多あります。
そのため業者としては競争を勝ち抜いてユーザーを増やすためにいろいろな工夫を行っています。
中には格安と称して安い修理費を広告に出しているような業者もあるので、できるだけ費用を抑えて修理したいという人にとってはありがたい話でしょう。
しかしながら、ここで気を付けたいのは安いからといって良い修理をしてくれる業者とは限らないということです。
例えば画面が割れてしまったので取り換えてもらう修理をお願いしたとしましょう。
その際に業者は新しいパーツを用意して対応します。
ここで安いパーツを用意して修理費を安く済ませようとする業者は少なくありません。
もちろん利用者もそれを理解した上で修理をお願いしているなら大丈夫です。
とはいえ、中にはそうした事実を踏まえなかったために、修理後すぐに画面が割れてしまってまた修理する羽目になった、という人もいらっしゃいます。
そうなってしまっては二度手間で余計に修理費がかかってしまいます。
安物買いの銭失いとならないよう気を付けておきましょう。

作業費を込みで表記しているかどうか

同じく格安の業者で気を付けたいのは作業費を合わせた料金表記をしているかどうか、ということです。
先程も述べたように修理業者は新しいパーツを取り寄せた上で修理を行います。
この際にパーツを取り寄せた費用と作業を行う費用は別です。
ここで作業費を抜いた修理費用を広告に表記する業者は少なくありません。
もっとも、いざ修理してもらって請求書を見たら値段が大きくなっていた、と驚いてはいけません。
大抵の業者はそうした場合あらかじめ作業費を抜いた費用である旨をちゃんと表記しているからです。
そうした場合は広告をちゃんと見ていなかった客の責任といえます。
そのため、利用する際はあらかじめ料金をチェックしたり、電話をした上で確認したりしましょう。

正規店と非正規店の違いは?

修理業者の中にはアップル社から認可を受けた正規の業者と、認可を受けていない非正規の業者があります。
それだけを見れば正規の業者を頼った方がいいように思えますが、だからといって非正規ではダメというわけではありません。
非正規の業者でも誠実に対応してくれるところは多数ありますし、中には正規業者と同じパーツを取り寄せているところもあります。
また正規業者は信頼性の高さから客が多いので修理に時間がかかるところが多いですが、非正規業者なら修理内容によっては即日で引き渡しというところもあります。
もし前に利用したことがあったり、友人やネットの評判を聞いた上で信頼できる非正規の業者があったりするなら、そちらを選んでもいいでしょう。
スマホをすぐに使いたいのに正規業者では時間がかかってしまう、というのならなおさらです。
ケースバイケースで対応していきましょう。

http://repairhonpo.com/columnlist/iphone8の背面ガラスは割れやすい!/

iPhoneを正規の修理店にもっていくとき、どうすればいい?

iPhoneの修理はAppStoreへ

皆さんはもしiPhoneが故障してしまったらどこに持っていきますか。
まず思いつくのは身近なスマホ修理を請け負ってくれるお店でしょう。
もちろんそうしたお店にも利点はあるのですが、一般のお店ですと技術的な限界や保障を行ってくれるかどうかなどの懸念があります。
しっかりと修理をしてもらって、もし失敗しても保障を行ってくれるお店がいい、というのであればアップルが正規の認可を下しているお店にいったほうがいいです。
特に街中にあるAppStoreなどであればアップルが直々に修理してくれるので安心してiPhoneを預けることができます。
とはいえ、正規の代理店というとあらかじめやることが多いのではないか、と思う方も多いでしょう。
実際にお願いする分にはそこまで難しくありません。
ここで簡単な流れを説明いたします。

持ち込む前にバックアップを忘れずに

iPhoneのみならずスマホを修理する時にも当てはまることなのですが、データのバックアップをあらかじめ行っておくことは欠かせません。
修理内容によっては一度スマホを初期化して対応しなければいけないこともありうるので、店側にもっていく際にバックアップをしていますか、と大抵訊かれます。
ここでバックアップと聞くとめんどくさい作業をしなければいけないのでは、と思うかもしれません。
他のスマホならそうかもしれませんが、iPhoneはその点ユーザーが簡単にバックアップを行えるよう配慮しています。
iPhoneにはiCloudという専用のクラウドサービスがあるのですが、それを利用さえすればあっという間にバックアップは済むのです。
iPhoneのメイン画面から「設定」をタップし、ユーザー名を選んだらその後「iCloud」をタップしましょう。
ここで「iCloudバックアップ」がオンになっていれば、実は自動的にバックアップは行われているのです。
普段何気なく使っているのにいつの間にかバックアップが行われているというのは優れものですが、電池の消費を抑えるためにここがオフになっている人も多いでしょう。
そういう時は下の方に「今すぐバックアップを作成」という項目がありますのでそこをタップします。
ここでバックアップは完了となります。

購入証明書がなかった場合は……

あとは実際にお店に向かってiPhoneを差し出し修理をお願いするのですが、ここで何枚か書類が必要となります。
身分証明ができる運転免許証などが提出すべき書類なのですが、特に購入証明書は欠かせません。
これがなければ不正な手段で手に入れたiPhoneだとして修理を受け付けてもらえない場合があるのですが、中には購入証明書なんて保管していない、という人もいるでしょう。
でも大抵の人はiPhoneを買う際携帯ショップや電気店などで購入しているはずです。
ですのでそのお店に問い合わせて改めて購入証明書を発行できるように問い合わせしましょう。
ネットで注文した場合にも購入の際にメールなどが届きますのでそれをコピーした上で提出すれば問題ありません。

時間がかからないように予約することも大事

正規店を利用する際に注意したいのは他の客の対応に時間がかかるあまり、すぐに修理の受付をしてもらえないことがあるという点です。
時には修理の予約が殺到していて今日は受けられない、という対応に出くわすことも少なくありません。
そういうことを防ぐために電話で予約するのがオススメです。
そうすれば店側は優先的に対応してくれるのでスムーズに修理依頼もできますし、予約なしで店に赴くよりは時間をかけずにiPhoneを受け取ることができる可能性もあります。

ある日突然、iPhoneの調子が悪くなったら?

いきなり不具合が生じることも

スマートフォンの端末で最も人気が高いブランドは、Apple社のiPhoneです。
他ブランドにはない高性能な機能で多くのユーザーたちを満足させています。
iPhone一台あれば、生活をより向上させていくことができます。
まさにiPhoneがなければ生活ができないと言われている程です。
しかし、デリケートな端末なので地面に落としただけで画面割れが生じたり、誤って水没したり等の不具合が生じることもしばしばあります。
ネットなどでも簡単にできる直し方などが掲載されていますが、素人が下手に修理を行うと故障してしまう可能性が極めて高いので、一刻も早く修理を施すことをおすすめします。

まずApple Storeへ持ち込みましょう

購入したiPhoneに保証期間があり、尚且つ正規のApple Storeが自宅や職場付近にある方は、必ず予約を入れてから修理依頼をすることです。
実際に予約もせずに修理依頼をすると数時間以上待たされることもしばしばあります。
Apple Storeのサイトから店頭予約ができる仕組みになっているので、スケジュール調整をしてから予約を入れることを強くお勧めします。

Apple Storeなどがご自宅付近にない場合

ご自宅や職場付近にApple Storeがない場合は、配送での修理受付も可能です。
Apple指定の配送業者にお任せをするので、安心して大事なiPhoneを任せることができます。

修理にどれくらい時間がかかるのか?

実際に修理にかかる時間は症状によって異なりますが、一週間程度見ておくことをおすすめします。
一週間程度、iPhoneがない生活を送ることになるので、大事にしている画像などは全てバックアップを取っておく必要があります。
せっかく修理ができてもデータを失ってしまうと元も子もありません。

正規店以外の修理店はどうなの?

最近、都会や地方を中心にApple正規店以外のiPhone修理店が急増しています。
Apple Storeが近隣にない方は、このような修理店はかなり便利に感じます。
正規店以外の修理店のメリットとしては、比較的安く早く修理を施してくれることです。
画面割れ程度でしたら最短で2時間で修理してくれるところもありますので、迅速に直して欲しいと考えている人は正規店以外の修理店へ持ち込むのも1つの手です。
ただし、正規店以外で修理をお願いする際には、いくつかの基準を設けておく必要があります。
それはホームページ等に料金についての詳細が記載されているかです。
修理に出したものの、高額請求をされたという事例もありますので、必ず料金表を確認することと見積もりを取ったうえで修理を申し込めるかどうかを確認することです。
さらに、修理実績がどれくらいあるのかを確認することです。
修理実績が数万件以上あるお店であれば、ある程度信頼しても良い基準に達しています。
またお店によっては修理保証を付けてくれるケースもあります。
修理保証があると次回不具合が生じた際にも安心して修理依頼ができます。

正規店と正規店以外の使い分けをしよう

iPhoneの修理は本来ならApple Storeで申し込むのが一番良い方法ですが、ショップが近隣にない人やすぐに修理をしてほしい人は正規店以外に依頼をするのも良い手段です。
iPhoneユーザーは正規店と正規店以外の修理店の使い分けをしておくことです。
緊急時の際は正規店以外の修理店に依頼をし、ほぼ故障に近い症状になった際は一週間以上iPhoneを使えない覚悟で正規店へ持ち込むことでiPhoneを大事にし続けることができます。
両者においてメリットとデメリットがありますので、その時々で使い分けが必要になります。

iPhoneをすぐに修理に出した方がいいケースの見分け方

すぐに修理が必要なケースばかりではない

日常的に使っているiPhoneは、できればいつも手元に置いておきたいでしょう。
家族や友人、仕事関係者と連絡を取るのに必要ですし、ちょっとした調べものやマップの確認、日々の想い出を画像として残すのにも必要です。
ですが、頻繁に使っているからこそ故障や調子が悪くなることもあります。
そんな時、すぐに修理に出すべきか応急処置でしのぐか悩む方も多いのではないでしょうか?すぐに修理に出さなければ手遅れになるならともかく、iPhoneの状態によっては自分でどうにかできる場合もあります。
修理が必要だとしても、しばらくの間は応急処置でしのげるかもしれません。
修理には時間や手間、お金がかかりますから、すぐに修理が必要なのかの見極め方についてご紹介しましょう。

水以外の液体に漬けてしまった時

すぐに修理が必要なケースは、見た目が変形するほど壊れた以外では以下のものがあります。
一つ目は水以外の液体に漬けてしまった場合です。
ジュースやコーヒー、スープや海水など、水以外のものに浸してしまった時は、変に自分で何とかしようとせず速やかに修理に出してください。
データを救出したくて電源を入れたり、水気を切ろうとiPhoneを振り回したりすると完全に壊れてしまう可能性が高いです。
電源を入れてショートしいてしまう場合や振り回して水分が基盤まで入り込んでしまうと復旧の可能性が低くなるので注意しましょう。

落下後に正常に使えなくなった時

二つ目はiPhoneを落下後に起動しても正常に使えない場合です。
画面が真っ黒のまま、画面はつくけどリンゴマークが点滅しているだけ、タッチ不良や電源が付かない場合などが当てはまります。
たとえディスプレイにひび割れがなくても、バッテリーの液漏れや液晶の破損、内部の断線など致命的な損傷を負っているかもしれません。
iPhoneを落下させてしまった場合は、直後に起動できたとしてもすぐにデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。
正常に使えなくなれば修理以外の選択はなくなりますが、使える状態でもしばらくしてバッテリーが膨張し始めたら注意が必要です。
膨張や液漏れで周辺のパーツも損傷する可能性があるので早めに修理に出しましょう。

バッテリー膨張によりiPhoneが膨らんできた時

三つ目はiPhoneが膨らんだり画面が浮いてきた時です。
落下以外でも、過充電や熱い場所での長時間使用、寿命などによりバッテリーが膨張することがあります。
もしもiPhoneが膨らんできたり画面が浮いてきた、液晶の色ムラが出てきたなどの症状があれば、それはバッテリーの膨張によるものかもしれません。
バッテリーは意外と大きくてiPhoneの内部の大半を占領しています。
放置していると修理不能になる場合や爆発する可能性もあり危険です。
気付いた時はなるべく早く修理に出してください。

ディスプレイのひび割れが激しい時

四つ目は、タッチセンサーが反応しないほどディスプレイの損傷が激しい時です。
多少のひび割れなら、ひび割れが広がらないように保護シートやラップなどで覆えばしばらくの間はしのげます。
ですが、タッチセンサーが正常に働かないほどひび割れが激しい場合はすぐに修理が必要です。
また、タッチは反応する場合でも、ひび割れが進んで液晶まで破損すると修理箇所が増えてしまいます。
画面を保護するなどの応急処置を施した後は、データのバックアップなど最低限の使用に止め、できる限り早く修理に出すのが望ましいでしょう。

交換修理ならそれほど時間はかかりません

以上が、iPhoneをすぐに修理に出した方がいいケースになります。
これらの修理の中でも、本体を丸ごと交換する場合やバッテリー交換だけなら短時間での修理が可能です。
修理店がすぐそばにあり24時間即日対応可能な場合などは、修理を先送りせずに早めに対処することをおすすめします。